2021 年 3 月 3 日 のアーカイブ

第15回 与謝野寛・晶子を偲ぶ会

2021 年 3 月 3 日 水曜日

なんたって恋! とっても恋!~『みだれ髪』120年

『みだれ髪』は時代の呼び声に促され、そして熱望された歌集だった。晶子短歌の原点には、美術界のうねりや翻訳文学の隆盛が大きく関わっていました。今回はそのあたりにスポットを当て、『みだれ髪』の新たな魅力を考えてみます。

パリ万博が開かれた1900年4月、与謝野鉄幹は雑誌「明星」を創刊。パリ万博に出展される美術品は、前年秋に黒田清輝らを中心とする「白馬会」展覧会で披露され、彫刻では高村光雲の作品も選ばれました。息子の光太郎が「明星」創刊ほどなく同人となったことは、鉄幹にとって無意味だったとは思われません。

西洋からもたらされた〈芸術〉という概念がようやく日本に根付いた時代、〈恋愛〉もまた同様の新しさで文学者、詩人たちの心を捉えていました。鉄幹はこれまでにない文芸雑誌を創るために、恋愛をまとった詩歌を必要とし、それを彩る西洋的な美を求めたのではないでしょうか。鉄幹、晶子、登美子をめぐる恋のトライアングルから登美子が消え、晶子の上京によって成就するドラマティックな恋物語は、その直前に「文壇照魔鏡事件」という手痛い代償を払いはしましたが、それを上回る豊かな実りとしての歌集『みだれ髪』を生みました。旧派和歌の軛を逃れ羽ばたいた晶子短歌の鮮烈さとは、フランス絵画の外光派とアールヌーヴォー、翻訳を通して知った西洋的なるものへの憧れを吸収して、20世紀初年の1901年を華やかに彩ったのでした。

コロナはまだ終息しそうもありません。昨年秋の明星研究会オンライン・イベントに引き続き、今年の第15回「与謝野寛・晶子を偲ぶ会」もZoomで開催します。

★ ★ ★ ★ ★

●日時● 2021年3月27日(土曜)15時00分~17時00分 (14時50分に受付開始)

●参加方法●

こちらの申込フォームにメールアドレスと氏名を書いていただいて
申し込まれた方にZoomのアクセサ先情報をメールで送ります

こちらの申込フォーム(クリックすると出てきます)にメールアドレスと氏名を書いていただいてお申し込み下さい 明星研究会MLでも告知いたします

●〆切● 3月26日(土)24:00  申し込まれた方にZoomへのアクセス情報をメールで送ります

使用ツール Zoom ●参加費● 無料

●プログラム●

Ⅰ 15:00  挨拶

Ⅱ 15:05 ~16:05

講演「晶子の恋は、 ~詩歌と美術と翻訳のマリアージュ」

松平盟子(歌人)

Ⅲ 16:15~17:00 質問コーナー

司会:米川千壽子(歌人)


<主催> 明星研究会

<協力> 与謝野晶子倶楽部 国際啄木学会